症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 【警告】ズレてますよ。【五十肩】

【警告】ズレてますよ。【五十肩】

こんにちは。阿比留です。

五十肩の症状を引き起こす筋肉の一つをご紹介いたします。

【上後鋸筋】(じょうこうきょきん)という筋肉です。

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

【上後鋸筋】に緊張がみられる方は多いですが、この筋肉の治療ポイントは、

肩甲骨と肋骨の間にあるので、見落とされやすい筋肉です。

【上後鋸筋】が引き起こす一般的な症状

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

・痛みは肩甲骨の上(深部痛)、うで(特にひじ周囲)、小指に放散する。

・うでを伸ばしたまま物を持ち上げたり、患側を下にして寝ると、肩甲骨が圧迫されることで、

 痛みが増す。

・痛みはに感じる事がある。

・手にしびれが放散する。

なぜ?【上後鋸筋】にコリが出来てしまうのか?

・高い机や台の上で書類を書いたり、前方によく腕を伸ばす

・咳、ぜんそく、肺気腫などによる不適切な呼吸

・重度の脊椎側弯症

・横向きで寝る時に、肩甲骨が肋骨にぶつかり筋肉が圧迫される。

【上後鋸筋】の治療ポイントは、肩甲骨の下にあり、覆われています。

この様な筋肉の治療は、セルフでは難しいかもしれません。

施術者の治療を受けると良いと思います

ページの先頭へ戻る