症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> お尻~太もも・ふくらはぎの痛みについて。急性の【坐骨神経痛】

お尻~太もも・ふくらはぎの痛みについて。急性の【坐骨神経痛】

【症例報告】

・60代・女性・主婦

・左の下半身(お尻~ふくらはぎ)にかけて強い痛み。

・今日は痛くて何も出来ない。(車に乗るのも一苦労)何をしてても痛い。

・1か月ほど前に、右足を車のドアにぶつけて切った。そのうち治っていくだろうと思っていたが、

傷口が良くなっていかず、痛みもあったので、右足をかばって生活していた。

・1週間ほど前から、左のお尻~ふくらはぎにかけて痛みを感じるようになったが、

痛いときはご主人にマッサージをしてもらっていた。そのうち良くなっていくだろうと思っていた。

・少々痛くても、「寝たきりになったら大変!」と思い、毎日15分ほど散歩をしていた。

【検査・治療】

・脊椎の圧迫骨折の有無を確認。

・痛みのある範囲を確認。

・仰向けで膝を曲げた状態が1番楽という事なので、今回は反応があるツボを探し、治療することにしました。

・本来はここではりを行うのですが、本人の了承がどうしても得られなかったので、手と治療器を使いました。

・痛みが落ち着いてきたので、横向きになって頂き、筋肉が硬くなっているところを丁寧に治療しました。

・所要時間は30分

【治療後】

治療前と比べて、歩き方もスムーズになり、楽になったと言ってくれました。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る