症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 子供を抱くことが多いあなたへ。

子供を抱くことが多いあなたへ。

 

【烏口腕筋】(うこうわんきん)という筋肉があります。

この筋肉は、肩関節でうでを動かす補助的な作用があります。

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

肩周囲の痛み、うで、ひじ、手、指先の痛み、しびれなどの原因は、

三角筋、大胸筋、広背筋、大円筋、棘上筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋

などの筋肉の緊張の有無をチェックし、ほぐしていきますが、ほぐしても

症状が残っている場合、【烏口腕筋】の緊張をチェックして下さい。

【烏口腕筋】の緊張が痛みの原因の場合、三角筋の前、上腕三頭筋、前腕を下行し、

時に手の甲と中指に放散します。

耳よりも高いところに手を伸ばしたときに痛みを感じ、可動域も制限されます。

さらに、他の方向に動かしても痛みが生じます。

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

患側のうでを腰の後方に回すときに、正常であれば、反対側のうでに触れることが出来ますが、

【烏口腕筋】に緊張があると、脊柱を越えてうでに触れることが出来ません。

烏口腕筋の緊張により、筋皮神経(きんぴしんけい)が締め付けられると、上腕二頭筋(力こぶの筋肉)

の萎縮と知覚鈍麻の原因となる事があります。

烏口腕筋の緊張によって生じる症状を軽減するためには、最初にも説明した、「他に確認すべき筋肉」

の緊張をチェックし、ほぐしましょう。

物を持ち上げる場合は、出来るだけ手のひらを開き、体の近くで物を持ちましょう。

ページの先頭へ戻る