症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 当院ではどうやって腰痛を改善するのか?

当院ではどうやって腰痛を改善するのか?

みなさんは、腰が痛い時、何をしますか?どの方法で痛みを解消しようとしますか?

①シップや痛み止めで対応する。

②子供に乗ってもらう

③ご主人にもんでもらう

④マッサージ器に座る

⑤整形外科に行く

⑥治療院に行く

⑦ストレッチする

⑧腹筋・背筋を鍛える

だいたいこんな感じでしょうか?

①~⑧まで注意点を書きます。

①ギックリ腰などの【急性の腰痛】に効果的。受傷直後~1週間以内、長くても1か月以上は貼らない方が良い。

慢性の腰痛には貼らない方が良い。定期的に貼っていると、体の抵抗力が落ちる。(あくまでも、私の考え)

②自爆している。悪化する、慢性化する原因を自分で作り出している。

あなたは気持ちいいと感じていても、あなたの体は決してそんな事は思っていない。

よりひどい痛みや他の症状をだして、あなたに怒ってくる。

③程度・強さに気をつける。大体の人は強くやり過ぎる。

気持ちいいから、効いたような気がするから強くやる。

あなたの満足感と、あなた自身の体が本当に満足しているかは別。

④程度問題。

⑤自分の腰がどうなっているのか知りたい方は行った方が良い。

折れてるのか?切れてるのか?間が狭くなっているのか?ゆがんでいるのか?

大事なのはその先。

⑥西洋医学(病院)でも、東洋医学(治療院など)でも、目的はあなたの腰痛を改善すること。

改善するための治療プロセスが違うだけ。どちらも正しい。

⑦どこをするのか?が大事。

適当にやると、自爆する。

⑧再発を予防するために行うもの。

痛みを和らげる為に行うものではない。自爆する。

 

【当院はあなたの腰痛をどのように改善していくのか?】

・検査をしっかり行います。

痛み⇒原因があります。どこが原因なのか?を毎回しっかりさがします。

腰が痛いから腰を重点的にマッサージしても、原因が腰になければ、早く治す事は出来ません。

・体のゆがみを改善します。

ゆがみ⇒ゆがんだ状態がキープされ続ける⇒痛み⇒長期間キープされる⇒損傷する。壊れる。

 

どこを治療するのか?が一番大切。

 

 

ページの先頭へ戻る