症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 針で刺される様な痛みが手とうでに感じるあなたへ。

針で刺される様な痛みが手とうでに感じるあなたへ。

四日市で手根管症候群にお困りで、手術以外の治療法を検討している方へ。

長掌筋(ちょうしょうきん)という筋肉の緊張をチェックしましょう。

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

【あなたは、こんな所が痛いですか?】

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長掌筋の緊張に関連して現れた圧痛や手首や手の痛みは、手根管症候群による痛みと類似しています。

長掌筋が固くなることで、腱の緊張が増加し、手根管症候群を悪化させます。

そのため、手根管症候群の場合は、セルフケアを行う事で、部分的に症状が改善する事があります。

長掌筋の緊張を治療しないと、最終的には手のひらの皮下組織にも影響が及び、結節「コリコリしたもの」

繊維の帯の様な物が形成され、さらにはデュプイトラン拘縮

「手のひらの腱膜が肥厚し、皮下組織に硬結が出来、ゆびを曲げたり、伸ばしたりする事が困難になる」

の痛みの因子となる可能性があります。

通常デュプイトラン拘縮は、男性、アルコール依存、糖尿病、てんかんがある人に起こりやすく、

主に40代で発症する傾向があります。長掌筋のセルフケアは結節の形成やデュプイトラン拘縮

の進行を抑えるのに役立つ可能性があります。

また、鍼治療は効果的です。

長掌筋や他の手関節、さらには指の屈筋群に対して鍼をする事が効果的です。

ゆびを開くことが出来れば、手術は行う必要はないと思いますが、

ゆびを開くことが出来ないほどに進行し、なおかつセルフケアやはり治療で十分な

改善が認められない場合は、手術を選択する事も考える必要があります。

 

【長掌筋が原因の一般症状】

☑表在性、針でされるような痛みが手のひらと前腕に広がる。

☑手のひらに圧痛がある為、道具を使う事が難しい。

☑長掌筋は様々な形をしていて、付着している部分も異なる為、前腕の痛み、

絞扼性神経障害、前腕の感覚消失などが生じることもある。

☑デュプイトラン拘縮が進行した状態では、手のひらが拘縮し、手を広げることが出来ない。

 

【長掌筋が緊張する原因】

・上腕三頭筋と言われる筋肉の緊張が存在する。

・肘から上腕三頭筋の中央先端の痛みは、長掌筋のトリガーポイントを活性化させる可能性があります。

2腰

 

 

 

 

 

 

 

 

・手のひらに外傷がある。手のひらに刺激を受けた。

・転んで手をついた時にできた外傷がある。

・不適切な道具を握って手のひらに圧がかかる。

・手のひらに圧がかかるグリップを使用する。

ページの先頭へ戻る