症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> へバーデン結節は女性に多く、閉経後3年以内によくみられます。

へバーデン結節は女性に多く、閉経後3年以内によくみられます。

指を押さえると痛い。固い隆起「へバーデン結節」を改善したいあなたへ。

◎指と指の間の筋肉をほぐしましょう。

1アメフト

 

 

 

 

 

 


2腰

 

 

 

 

 

 


gaikan

 

 

 

 

 

 

手のひらの指と指の間の筋肉【骨間筋】のトリガーポイントは指先に近い関節にあり、初期には

圧痛と、硬い隆起「へバーデン結節」の形成が認められることがあります。

トリガーポイントが不活性化すると、圧痛は直ちになくなり、時間とともに結節も消失するでしょう。

3腰

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

【あなたは、こんな症状がありませんか?】

☑痛みが、手の甲、手のひら、指に放散する。

(痛みは通常、片側の関節で悪化し、指の先端まで生じます。)

☑指のこわばりの為、ボタンをかけたり、文字を書いたり、物を握る様な細かい動作が出来ない事がある。

☑指を絡めたり、人差し指を立てる(指で数字の1を作る)事が難しい。

☑片側の指の表面にしびれを感じる。

【原因・持続因子】

・指で挟んだり、握ったりする動作を繰り返し行う。

・小さな工具、絵筆、縫い針を使用する。

・雑草を引き抜く

・ゴルフクラブをしっかり握る

・マッサージをする

【解決策】

・物を強く握らない様にし、定期的に休息をとりましょう。

・作業をする際は、活動する時間を決めましょう。

 

 

ページの先頭へ戻る