症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 外反母趾とは、足の親指に広がる痛みと変形を伴う疾患です。

外反母趾とは、足の親指に広がる痛みと変形を伴う疾患です。

外反母趾は、足の親指に広がる痛みと変形を伴う疾患です。

当院では、外反母趾を引き起こす筋肉の緊張を和らげる治療を行います。

 

長母指屈筋という筋肉の緊張と、トリガーポイントは外反母趾の原因となる可能性があり、

骨は長母指屈筋の力でさらに変形する可能性がある為、持続的なサイクルが形成されてしまいます。

1腰方形筋1

3腰

 

 

 

 

 

 

 

また、短母指屈筋、母指内転筋、母指外転筋の筋力低下が生じると、さらに症状と変形が進行します。

また、腱膜瘤「腱にコブが出来る」あるいは滑液包の腫脹「関節を包んでいる袋がはれる」は、

さらに痛みを増強させる可能性があります。

2腰

gaikan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの疾患を予防するには、幼少期の発育段階に、高いハイヒールを履かない事が重要となります。

若い女性において、足の親指の角度の異常が10度前後であれば、20歳以降で腱膜瘤が生じる可能性は

低いでしょう。

なお、外反母趾の症状が進行し、手術が必要になった場合でも、トリガーポイントを治療していく事で

外反母趾の骨と関節のずれや腱膜瘤の進行が止まり、症状が回復する事もあります。

 

 

ページの先頭へ戻る