症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 足首の違和感が意味するもの

足首の違和感が意味するもの

「足首の違和感で困っています。」という事で、来院する事はまれです。

痛みがあったり、日常生活に支障がある場合や、腰痛やひざ痛、肩こりなどの症状の治療で来られて、

検査の段階で、足首に硬さがみられる事があり、その時に「足首なんかおかしいなと思うことないですか?」

と聞くと、「そういえば・・・」と言われる方が多いです。

【足首の違和感が意味するもの】

当院で1番多いのが、「体のゆがみ」が原因のケースです。

足首の違和感を出している原因が必ずありますので、その場所を治療する事で、違和感は消えていきます。

あともう一つは、昔の古傷が原因という事もあります。

「昔、捻挫したことがあって・・・」「反対の足を骨折し、それをかばっていたせいで・・・」

このケースもよくあります。

【治療をした方がいい目安は?】

・足首の違和感以外にも、痛みや他の症状がある。

・慢性的なもの「長期間悩んでいる」

・病院で検査・リハビリしてるけど、よくなっているのかわからない。

・かばっているからか、他の場所が痛くなってきた。

 

初期の段階なら、ゆがみのバランスを整えることで、充分改善が見込めます。

慢性の場合は治療期間が必要なだけです。定期的に治療すれば、良くなります。

「ひどくなったら行こう!」「我慢できなくなったら行こう!」

別に構いませんが、その分だけ、治療期間が長くなるかもしれません。

「ギリギリまでがまんするか?」「早く治療を始めるか?」「別に死ぬ訳じゃないし、まいっか」

考え方人それぞれ。結局最後は自己責任。

ゆがみの治療にご興味があれば、当院に連絡してください。

ページの先頭へ戻る