症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 膝の後ろが痛いあなたへ。【四日市 膝の裏の痛み】

膝の後ろが痛いあなたへ。【四日市 膝の裏の痛み】

しゃがんだり、走ったり、歩いたりした時に、膝の後ろに痛みを感じるあなたへ。

あなたは、こんな動作の時に痛みを感じませんか?

☑階段を下りた時に痛みが強くなる。

☑坂道を下ったりした時に痛みが強くなる。

☑足を真っ直ぐに伸ばしたときに膝に痛みが生じる。

 

思い当たるあなたは、改善する可能性があります。

膝の裏にある筋肉【膝窩筋】(しつかきん)という筋肉の緊張を和らげる事をしてみて下さい。

いきなり最初から、【膝窩筋】を和らげる事は難しいので、太ももの後ろの筋肉【大腿二頭筋】

とふくらはぎの筋肉【腓腹筋】を柔らかくしてから、【膝窩筋】を緩めましょう。

 

膝窩筋を痛めてしまうのは、下肢を使うスポーツを行う「サッカー・フットボール・野球・ランニング

スキーで斜面を滑り降りたり、下肢をねじって急に方向転換する」際に、痛める事があります。

坂道を上ったり、歩いたりする時に痛める事があります。

 

運動する前に、ビタミンCをたくさん摂取し、足を保温して下さい。

 

ハイヒールを履く方は、足が回内位「土踏まずがなくなる」事が、膝の痛みの誘発している事が

ありますので、ハイヒールを控える事と、インソールなどの矯正装具を着用して下さい。

 

膝の後十字靭帯に損傷あるいは手術歴がある方も、膝窩筋を痛める方がみえますので、

しっかり緩める事が大切です。

 

【ご自身でセルフケアをする際の注意点】

下肢の治療では、その領域に静脈瘤があると、血栓が心臓や脳に運ばれる可能性がある為、自分では

圧をかける治療は行わないで下さい。また、静脈瘤を避ける必要がある為、専門のプロに

治療を依頼する事をおすすめ致します。

ストレッチや運動は、自分で行っても良いと思います。

 

【鑑別】

膝の後ろに痛みを感じる疾患は、

ベーカー嚢腫

膝窩静脈の血栓症

膝窩筋腱の剥離

半月板損傷

膝関節の不安定症

などがあげられます。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る