症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になったら

季節の変わり目、湿度が高くなる時期は、体調を崩しやすい時期です。

「ぎっくり腰やっちゃいました」

「すわっていられません」

「痛くて寝かたがわからん」

「子育て中なのに、困ったなぁ。何とかして下さい」

【ぎっくり腰になったのは、今日?それとも1週間ほど前?】

ぎっくり腰になりたての時は、痛くて痛くて、動けないこともあります。

炎症が強い時期ですので、2日間は安静にして、鎮痛剤を服用するのが良いでしょう。

あなたの腰は「動かんといてくれ!」と言っているので、言うとおりにしましょう。

もし私が、この様な状態になったら、

①とりあえず寝る(1日~2日)

②何も食べない。水だけ飲む。

で過ごします。一応理由があります。

①については、腰が「休め!」、「使うの禁止」と言ってるので、言うとおりにする。

②栄養を取らなきゃと思い、食べるが、食べたら体は消化、分解などをしなければいけない。

この消化・分解は自分のエネルギーを使い行う。

ただでさえ体が疲れている時に、余計な負担をかける必要はない。

体にぎっくり腰の修復に集中させる為に、余計な事はしない。

 

当院では、この様な状態の方でも、治療は出来ます。

でも実際は動くのがしんどいと思います。どうしても治療を希望される場合は往診しますので、連絡して下さい。

付き添いの方がいて、何とか来れるのであれば、来てください。

 

ぎっくり腰をして1週間以上たっている場合は、炎症期は過ぎていますので、痛みがまだ残って嫌やなと思うのであれば、

早く治療をしましょう。

ビタミンやミネラルを含んだサプリを飲むと、痛みが改善するケースもよくありますので、よかったら試して下さい。

お大事にして下さい。

 

 

ページの先頭へ戻る