症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 四日市の中学生で、シンスプリントの症状にお困りの方へ。

四日市の中学生で、シンスプリントの症状にお困りの方へ。

こんにちは。三重県四日市で鍼灸院・接骨院をしています。

院長の阿比留 幸栄と申します。

FullSizeRender (7)-thumb-autox240-67

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは、

・シンスプリントに悩んでいる学生さん。

・コンディション状態の悪いランナーさん。

・初心者のランナーさん。

で、ふくらはぎの痛み「アキレス腱、かかと、足の裏、つま先などに痛みに困っている方に読んで頂きたいです。

 

後脛骨筋は下腿の骨の間にあり、腱と足の裏の骨に付着しています。

この筋肉は、足のかかとにかかる負担を分散させる作用があります。

 

筋力低下などの異常は、着地時に足が回内位となります。つまり、足の内側に多くの体重がかかり、

足と足首が正中線の方に回旋します。

これは脚のアーチを崩す原因の一つの要因となり、そこから変形が始まります。

後脛骨筋の緊張が改善されないと、腱の伸長や断裂が起こり、歩くたびにひどく痛みが生じたり

足の骨が正常な位置からズレる可能性があります。

この様な場合は、MRI検査をする必要があります。

変形の様な不可逆的な損傷を予防するためには、早期の治療が重要です。

 

シンスプリントは、これまで運動に関連した下腿の前面内側と中央に生じる慢性的な痛みであると考えられてきました。しかし、現在では、筋肉の付着部に沿った骨表面の炎症として理解されており、「骨膜炎」と呼ばれています。後脛骨筋の場合、シンスプリントは初心者のランナーやコンディショニング状態の悪いランナーでよく認められます。初期段階では、運動後に軽度な痛みが生じ、休息する事によって痛みは消失します。

しかし、症状が進行するにつれて、痛みは徐々に強くなり、運動直後に痛みが生じ、運動終了後も痛みは改善しなくなります。また、後脛骨筋が付着する脛骨の骨表面の骨膜が障害され、稀に骨の深部から切り離される事があります。

後脛骨筋の治療は、専門家に依頼する必要がありますが、後脛骨筋だけにトリガーポイントが形成されることは

稀であるため、他の関連のある筋肉のトリガーポイントも合わせて治療を行いましょう。

そうする事で、治癒を早めて、症状の持続化を防ぐことになります。

2腰

 

 

 

 

 

 

 

 

【後脛骨筋のトリガーポイントの一般的な症状】

☑痛みはアキレス腱の上、かかとや足の裏からつま先、ふくらはぎの後ろに放散する。

☑凹凸のある道を歩いたり、走ったりすると、足に痛みが生じる。

【トリガーポイントの原因・持続因子】

・トリガーポイントが活性化・持続化する状態にある。

・靴底の内側あるいは外側がすり減っている。

・足に異常がある。「足が回内位である。土踏まずがない。第1趾より第2趾の方が長いなど。」

・筋や腱の障害や持続因子がある。

「高尿酸血症、リウマチ性多発筋痛などの持続因子がある。」

「肥満、高血圧、全身性エリテマトーデス、糖尿病、末梢神経障害、喫煙、リウマチ症などの持続因子がある。」

 

上記の疾患や生活習慣が1つでもある場合は、トリガーポイントの影響を受けやすいため、これらの疾患や

生活習慣を改善して下さい。なお、再発を予防するために定期的にトリガーポイント治療をする必要があります。

 

下肢の治療では、その領域に静脈瘤があると、血栓が心臓や脳に運ばれる可能性があるため、自分で圧をかける治療は行わないで下さい。また、静脈瘤を避ける必要がある為、鍼灸師やマッサージ師に治療を依頼しましょう。

ただし、ストレッチ運動は、自分で行うことが出来ます。

 

ページの先頭へ戻る