症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> ハンマートゥ「ハンマー趾」と偏平足は、ふくらはぎの筋肉をほぐす。

ハンマートゥ「ハンマー趾」と偏平足は、ふくらはぎの筋肉をほぐす。

こんにちは。三重県四日市市で鍼灸院・接骨院をしています。

しんまち鍼灸接骨院の院長 阿比留 幸栄「あびる こうえい」と申します。

FullSizeRender (7)-thumb-autox240-67

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは、外反母趾や偏平足による親指の痛み、足裏の痛み、足首の痛み、ふくらはぎの内側の痛みに

お悩みのあなたに、読んで頂きたい内容です。

1アメフト1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、結論から申し上げます。

とにかく痛いのを何とかしたいのであれば、ふくらはぎの筋肉をほぐす事です。

ふくらはぎの筋肉をほぐす事で、外反母趾の症状の進行が止まったり、骨や関節の負担が軽減するため、

痛みが改善する可能性があります。

ふくらはぎを適当に揉んでいても、効果は期待出来ません。

初めは、プロの専門家に治療を依頼し、場所を教えてもらい、ご自身でセルフケアを行って下さい。

では、ふくらはぎの筋肉を説明致します。

 

【長趾屈筋・長母趾屈筋】

ハンマー趾や鷹爪趾では、長趾屈筋が回内することで偏平足になることで偏平足になる可能性があります。

また、腓腹筋やヒラメ筋の筋力低下を生じる可能性があり、この場合はハイアーチと足の回外位

が組み合わさります。この時、安定性を補おうとして、ふくらはぎの外側「深部」に通常では認められない

症状が生じます。

長母趾屈筋は外反母趾や腱膜瘤と関連があります。その症状が進行した場合は手術が必要となりますが、

トリガーポイントを治療すると、症状の進行が治まったり、骨や関節の負担が軽減するため、

外反母趾やそれに続く腱膜瘤が治癒する可能性があります。

シンスプリントは、これまで運動に関連した下腿の前面内側と中央に生じる慢性的な痛みであると

考えられてきましたが、現在は筋肉の付着部に沿った骨表面の炎症として理解されています。

そのため、「骨膜炎」あるいは筋肉を原因とする「脛骨過労性骨膜炎」と呼ばれています。

初期段階では、運動後に軽度な痛みが生じますが、休息する事によって痛みは消失します。

しかし、症状が進行するにつれて、痛みは徐々に強くなり、運動直後に痛みが生じ、運動終了後も

痛みは改善しなくなります。また、下腿内側に付着する長趾屈筋の停止部の骨表面または骨膜が

障害する事があり、稀に骨の深部から切り離されることがあります。

なお、疲労骨折は類似した症状を生じる事があります。また、過剰な負荷が続けば、過去にけがや疾患

がなくても、長母指屈筋腱は自然断裂する可能性があり、この場合は手術が必要な事があります。

 

【一般的な症状】

・長趾屈筋のトリガーポイントからの痛みは、足のアーチの前半分と趾球に放散する。

・また、第2趾から第5趾に放散され、稀に足首やふくらはぎの内側まで放散する事がある。

・長母趾屈筋のトリガーポイントからの痛みは、第1趾と隣接した母趾球に放散される。

・歩行時の痛みや、こむら返りに類似した筋痙攣を引き起こす事がある。

 

【原因・持続因子】

・状態の悪い場所で運動する。

・靴に問題がある。

・足に異常がある

・腓腹筋とヒラメ筋の筋力が低下し、ハイアーチあるいは回外位である。

 

【解決策】

・ウォーキングやランニングは平たんな道で行いましょう。最初は短い場所から始め、

 徐々に距離を増やしていきましょう。

・また、ウォーキングやランニングの代わりにボートを漕いだり、泳いだり、自転車に乗ったり

 しましょう。

・ハイヒールを履かない様にしましょう。靴底に柔軟性があり、衝撃を吸収する快適な靴を履きましょう。

・また、靴のつま先が締め付けられていないか、踵にゆるみがないか(踵がしっかり固定されているか)

 も確認しましょう。

・靴底がすり減った場合は、靴を交換しましょう。

・足関節の可動域の制限が認められる場合は、可動域を大きくするために専門医の診察を受けましょう。

・また、足関節の可動域が大きすぎる場合は、足関節をサポートするためにハイカットの靴を履いたり、

 アーチサポートや深いヒールカップの装具を使用して足の安定性を高めましょう。

・腓腹筋とヒラメ筋の筋力強化をするために、専門家の診察を受けましょう。

下肢の治療では、その領域に静脈瘤があると、血栓が心臓や脳に運ばれる可能性がある為、自分では圧を

かける治療は行わないで下さい。また、静脈瘤を避ける必要がある為、鍼灸師やマッサージ師などに

治療を依頼しましょう。ただし、ストレッチや運動は、自分で行うことが出来ます。

ページの先頭へ戻る