症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 三重県北勢地区の60代女性、股関節の痛みにお困りのあなたへ。

三重県北勢地区の60代女性、股関節の痛みにお困りのあなたへ。

こんにちは。しんまち鍼灸接骨院院長の阿比留 幸栄と申します。

60代女性で、股関節の痛みでお困りの方にこのブログを書いていきます。

2腰

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、こんな事にお困りですか?

☑整形で、股関節の隙間が狭くなっていると言われた。

☑変形性股関節症と診断をうけた。

☑脚の外側から足首へ痛みを感じる。

☑お尻に痛みを感じる。

☑歩くときに足を引きずる。

☑歩いたり、仕事の後に、横向きで寝ていると、目が覚めるほどの強烈な痛みが生じる。

☑しばらく座った後に椅子から立ち上がる事が困難。

☑立ったり、座ったり、歩いたり、横になる時に痛みが生じる。

☑股関節の奥に痛みを感じる。

☑腰椎椎間板ヘルニアと言われた。

☑腰部脊柱管狭窄症と言われた。

☑坐骨神経痛と言われた。

2腰

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言います。

お尻の筋肉をほぐして下さい。

痛み止めの薬を飲むだけでなく、

安静にするだけでなく、

病名にとらわれる前に、

年だからと諦める前に、

手術を覚悟する前に、

手術をした後でも、

お尻の筋肉をほぐして下さい。

運動も大切です。

筋肉をつけることも大切です。

食べ過ぎに気を付ける事も大切です。

テレビショッピングで何か買うのもあなたの自由です。

お尻の筋肉をほぐしてください。

お尻の筋肉を説明していきます。

興味のある方は、読んで見て下さい。

お尻の筋肉「小殿筋」

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

小殿筋のトリガーポイントからの関連痛は、下肢の外側面または後面に放散するため、

坐骨神経痛と誤診される可能性があります。

ただし、下肢を下る痛みの約80%は、椎間板ヘルニアや脊髄の狭窄「脊髄が通過する椎孔や椎間孔の狭窄」

などの神経の圧迫による関連痛ではなく、小殿筋やハムストリングスのトリガーポイントからの関連痛です。

そのため、坐骨神経痛などの下肢痛は、神経の圧迫によるものだけではなく、トリガーポイントからの

関連痛も類似した症状を示す事を頭に入れておきましょう。

股関節の深部に痛みを感じる場合は、小殿筋ではなく、大腿筋膜張筋のトリガーポイントが原因である可能性が

高いでしょう。

痛みが仙骨や仙腸関節を越えて存在している場合は、トリガーポイントは中殿筋にある可能性が高いでしょう。

また、痛みが椎弓切除術後も残存する場合は、小殿筋のトリガーポイントを確認しましょう。

【小殿筋のトリガーポイントによる一般的な症状】

・前部のトリガーポイントは、脚の外側から足首へ痛みが放散したり、でん部後面に痛みが生じ、

歩くときに足を引きずる原因となる。

・後部のトリガーポイントは、でん部側面と後面の間に存在し、その痛みはでん部を越えて下肢後面から

ふくらはぎに生じる。この痛みは、歩くときに足を引きずる原因となる。

・ランニングや散歩をしたり、患側を下にして寝ると、目が覚めるほどの強烈な痛みが生じる。

・しばらく座ったあとに、イスから立ち上がる事が困難である。立ったり、座ったり、横になる時に

痛みが生じる。

【トリガーポイントの原因・持続因子】

・過度な運動

・股関節に負担をかける

・後ろのポケットに財布を入れたまま座る。片足に体重をのせたまま座る。長時間足を閉じたまま立つ、

ケガなどで足を引きずりながら歩く、長時間座り続ける。

・筋肉に損傷がある。「転倒、筋肉内注射など」

・仙腸関節のアライメントのずれ

・肥満により小殿筋に過剰な負担がかかる

・筋肉あるいは体全体が冷えている。

左右どちらかの背中の筋肉「脊柱起立筋群」が緊張し、盛り上がっている場合「左右差がある場合」

骨盤を傾かせたり、回旋させる可能性があり、股関節の痛みと殿筋にトリガーポイントを形成する

可能性があります。最初に脊柱起立筋を治療したあと、両方の大殿筋、中殿筋を治療しましょう。

症状が一時的にでも改善しない場合は、腰方形筋のトリガーポイントを確認しましょう。

【鑑別診断】

痛みが股関節の局所に存在していたり、でん部から膝の側面にある場合は、股関節を包んでいる袋

「滑液包」が炎症を起こしている可能性があります。股関節滑液包炎とか、大転子滑液包炎と言います。

一般的に、滑液包を圧迫すると強い痛みがあり、圧をかける事で痛みが再現されます。

小殿筋のトリガーポイントは、滑液包炎と誤診される可能性があるので、必ず周囲のトリガーポイント

を確認して下さい。

滑液包炎は小殿筋にも緊張が認められることが多く、その緊張を緩和させると痛みが軽減する事から、

小殿筋のトリガーポイントが滑液包炎の原因になっている事があります。

椎間板や腰椎に問題がある場合は、痛みは片側の腰椎から始まり、でん部領域、さらには下肢へと

痛みが放散され、鋭く強い痛みが生じます。

関連痛がでん部から始まっているにもかかわらず、腰部に痛みの部位がない場合は、

小殿筋または梨状筋のどちらかのトリガーポイントによって痛みが生じている可能性があります。

ページの先頭へ戻る