症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 四日市在住60代女性、股関節の奥の方、太もも、鼠径部の痛みにお困りの方へ。

四日市在住60代女性、股関節の奥の方、太もも、鼠径部の痛みにお困りの方へ。

こんにちは。三重県四日市のしんまち鍼灸接骨院の院長、阿比留 幸栄と申します。

FullSizeRender (7)-thumb-autox240-67

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日突然、股関節の奥の方、太ももの外側、前側、鼠径部の辺りが痛くなり、

病院でレントゲンをとってもらい、「股関節の炎症」と言われ、骨には異常がない。

と言われて一安心したが、肝心の痛みは良くならない。

仕事や日常生活も不便だし、

このまま一生付き合っていかなければいけないのか?

不安な気持ちを抱えているあなたに

このブログを書いています。

この様な痛みを改善するには、筋肉の緊張を和らげる治療を行う事です。

股関節の炎症がある。=股関節に負担がかかっている状態。

股関節に負担をかけている場所はどこか?

そこを探して、治療を行えば、股関節への負担が減り、炎症が治まり、痛みが引いていきます。

この様な痛みを引き起こす原因で、多いのが、筋肉です。

お尻の筋肉「小殿筋」、「中殿筋」、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」、太ももの外側の筋肉

「大腿筋膜張筋」、これらの筋肉の緊張をチェックし、柔らかくする事で痛みは改善します。

ここからは、これらの筋肉の一つである、「大腿筋膜張筋」について、ご説明致します。

大腿筋膜張筋は、骨盤から股関節を越えて、太ももの外側で腸脛靭帯と結合しています。

この筋肉は、太ももを屈曲・回旋させる事で立ったり歩いたりする時に働き、股関節を外転

する作用もあります。さらに、この筋肉は膝関節を安定させる補助的な作用があります。

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

大腿筋膜張筋のトリガーポイントからの関連痛は、小殿筋前部、中殿筋、大腿四頭筋の

外側広筋に存在するトリガーポイントからの痛みと鑑別する必要があります。

また、大腿四頭筋のトリガーポイントは、股関節滑液包炎、大転子滑液包炎と類似した症状を

引き起こします。

【大腿筋膜張筋のトリガーポイントが引き起こす一般的な症状】

・痛みは股関節の深部、太ももの外側下部、太ももの側面と前面の間に放散する。

・さらに、太ももの前面や鼠径部周囲にも痛みが放散する。

・痛みは早歩きなどで悪化する。

・足と体幹の角度が90度未満の状態で、長時間イスに座ることが出来ない。

・横になって寝れない。

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トリガーポイントの原因・持続因子】

・下肢に過剰に負荷がかかる。

・ランニングを行う。

・高い所から飛び降りて外傷を受けた。

・脚と体幹の角度が90度未満(前かがみ)の姿勢で座ったり、寝ている者

大腿筋膜張筋に単独で障害が起こる事が稀であるため、小殿筋前部のトリガーポイントを確認してください。

小殿筋のトリガーポイントは、太ももの外側に痛みを放散させることがあるので、腸脛靭帯を緊張させる

原因となっている可能性があります。腸脛靭帯が緊張すると、腸脛靭帯に付着している大腿筋膜張筋

や大殿筋も影響を受ける可能性があるので、小殿筋と大殿筋を必ず確認してください。

また、この状態は、足関節が回内位「がに股」のランナーによく認められます。

腸脛靭帯炎は膝外側の上方周囲に広がる痛みと圧痛が認められ、小殿筋と大殿筋にセルフケア

を行う事で痛みは軽減します。

中殿筋、大腿四頭筋の大腿直筋、縫工筋、腸腰筋、腰方形筋のトリガーポイントの関連痛パターン

は類似しているため、これらの筋肉も確認してください。また、大腿筋膜張筋のトリガーポイント

の活性化にも関与している可能性があるため、これらの筋肉には大腿筋膜張筋によって生じた

2次的なトリガーポイントが存在している可能性があります。

また、胸腰部傍脊柱筋群「脊柱起立筋群」は、大腿筋膜張筋のトリガーポイントに関与

しているため、セルフケアの一部として、これらの筋肉の治療を行いましょう。

2腰

ページの先頭へ戻る