症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 膝の内側の表面にチクチクする痛みを感じるあなたへ。

膝の内側の表面にチクチクする痛みを感じるあなたへ。

こんにちは。三重県四日市のしんまち鍼灸接骨院 院長の阿比留と申します。

今回は、膝の内側、前面の表面に鋭く、チクチクする痛みがあるあなたにお話しします。

FullSizeRender (7)-thumb-autox240-67

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の内側や前面の表面に、鋭くチクチクする痛みは、縫工筋「ほうこうきん」という筋肉の緊張が原因で、

膝関節の深部に痛みを感じる方は、大腿四頭筋の一つ内側広筋「ないそくこうきん」という筋肉が原因です。

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

まずは、この筋肉の緊張の有無を確認し、ほぐしてみましょう。

縫工筋は、股関節と膝関節を走行しており、歩行時には2つの関節を曲げる作用があります。

さらに、脚を組むような股関節を外旋させる作用もあります。

この筋肉は、様々な運動に働き、バスケ・テニス・バレーなどの複雑な動きが求められるスポーツで

特に関与します。

 

縫工筋下方のトリガーポイントからの痛みは、大腿四頭筋の内側広筋と類似した領域に放散しますが、

内側広筋のトリガーポイントからの痛みは、広範囲に表面的に生じるのではなく、膝関節の深部に感じます。

2腰

 

 

 

 

 

 

 

【縫工筋のトリガーポイントによる一般的な症状】

・表面に鋭くチクチクとした関連痛は、太ももの様々な部位に認められ、膝内側の表面痛として

感じる。

・縫工筋の緊張が、大腿外側皮神経を絞扼する事で、太ももの前面にしびれやヒリヒリ感、

不快な感覚を生じる。これは知覚異常性大腿神経痛と呼ばれ、立ったり歩いたりする時に

痛みが強くなる。

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

【縫工筋のトリガーポイントの原因・持続因子】

・足が過度に回内している。

・転倒して捻挫した。

・他の筋肉にトリガーポイントが存在する。

縫工筋のトリガーポイントは、大腿四頭筋の大腿直筋、内側広筋、腸腰筋、恥骨筋、大腿筋膜張筋

股関節内転筋群のトリガーポイントと同時に存在する事があります。

 

・あぐらをかいたり、足首を反対側の膝の上にのせて座る事はやめましょう。

・膝を抱きかかえて寝る姿勢を取らないで下さい。

・寝る時は、両足の間には枕を入れましょう。

・太ももの前面に焼ける様な痛みや感覚異常がある場合は、上前腸骨棘下方のトリガーポイントを

探してみましょう。また、腸腰筋の治療で効果がある可能性があります。

・知覚異常性大腿神経痛は、肥満であったり、衣服やベルトで締め付けられたり、脚長差があったり、

ズボンの前のポケットに財布を入れる事によって生じる事があります。

・これらは持続因子となる可能性があります。症状を軽減させるため、この原因を取り除いてください。

 

ページの先頭へ戻る