症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 草刈りをしていて、腕が痛くなったあなたへ。

草刈りをしていて、腕が痛くなったあなたへ。

腕が痛くなったので、シップを貼っていたけど痛みが引いていかない。

草刈りが引き金となって、痛みが出たんですが、腕の炎症が原因ならば、シップを貼れば引いていくはずです。

なぜ、痛みが引いていかないのか?

それは、体のゆがみが原因かもしれません。

お話をきいたり、検査をしていくと、

「そういえば、足の付け根が突っ張る様で、気になっていた」

「仕事中に背中がすごく張ってくるきがする」

「骨盤の高さが違う気がする。左に傾いている気がする」

「上向きで寝たとき、あごの先が右を向いている」

こういったことは、別に痛みを感じるわけではないし、日常生活で支障があるわけではないので、

あまり気にならない方もいますが。

でも、この【違和感】の状態を放置していると、痛みやしびれなど、場合によっては、日常生活に

支障が出るほどの症状を出すようになるかもしれません。

「ゆがみがある=血行が悪い」ということなので、

血行を改善すれば、症状もかいぜんします。

シップで治らない。どうしよう?と困っている方は、当院へ。

ページの先頭へ戻る