症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 院長ブログ >> なぜ酸素カプセルで毛細血管まで酸素が行き届く様になるの?

なぜ酸素カプセルで毛細血管まで酸素が行き届く様になるの?

ヘンリーの法則
【気圧をかけることにより、溶解型酸素が体内に入っていく】

・日常生活では、酸素は呼吸を通じて赤血球のヘモグロビンと結合して、体内のすみずみに運ばれます。
・ところが、毛細血管では、ヘモグロビンが大きすぎて通れないので、酸素の供給が不十分になりがちです。

・酸素カプセルに入る事で、体のまわりの大気圧を高めていくと、呼吸とは別の形で酸素は血液中にも溶け込むようになります。
 これを溶解型酸素といいます。
・溶解型酸素は、分子レベルで赤血球よりも極めて小さなものになっています。

・また、ヘモグロビンとの結合に頼らなくてもいいので、毛細血管まで十分酸素が供給されるようになります。

結合型酸素だけでなく、溶解型酸素を取り込むことで、体の隅々まで酸素がいきわたり、体によい影響が生まれるということですね。

以上、酸素の話でした。
IMG_0175

ページの先頭へ戻る