症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 何で骨折・筋肉・じん帯損傷・打ち身・ねんざに酸素カプセルがいいの?

何で骨折・筋肉・じん帯損傷・打ち身・ねんざに酸素カプセルがいいの?

・ケガをすると、患部の組織・細胞がこわれます。
・体はこわれた所を修復するため、多くの酸素が必要になります。

・けがをした所は、血流がわるく、酸素不足が生じています。
・患部ははれます。はれることで、毛細血管を圧迫しています。

・ヘモグロビンと結合した「結合型酸素」が通りにくい状態になります。

・酸素カプセルに入り、「溶解型酸素」を供給することで、患部のすみずみに酸素を届ける事ができます。
 「狭くても酸素が入る」

そのことで、
・患部の新陳代謝を高め
・患部の細胞の再生時間を短縮し
・炎症をおさえられる
ことにつながり、早く回復できるのです。

IMG_0217

酸素カプセルの中です。
本やスマホも大丈夫ですよ。

ページの先頭へ戻る