症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 天気悪いと痛い。「天気痛」でおこまりのあなたへ、対策方法をお伝えします。

天気悪いと痛い。「天気痛」でおこまりのあなたへ、対策方法をお伝えします。

まず、天気病のメカニズムを知る。

①気圧が下がる

②耳『内耳』が気圧の低下を察知する。

③自律神経「交感神経」が活発になり、心拍、血流が上がる。

④感覚神経が刺激され、痛みのシグナルを誤って脳に伝えてしまう。

 

【天気痛の対策法】

痛くなる予兆。分かりますよね?

予兆の段階で薬を飲むか、治療を受けて下さい。

 

【日常生活で大切な事】

寝る時間と起きる時間を毎日同じにする事。

運動する習慣をつける。

 

自律神経を毎日、自分で簡単にケアする方法に興味がある方は、この動画をみてね。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る