症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> デッドボールによる内出血を1日でも早く治して野球がしたいあなたへ。

デッドボールによる内出血を1日でも早く治して野球がしたいあなたへ。

デッドボールによる打撲は、確かに日にち薬ですが、治療せずに安静だけだと長い期間かかります。

いつまでも安静にしていられませんし、「こんな打撲ぐらいで・・・」と思っている方もいるでしょう。

勝手に自己判断で復帰するでしょう。

気合で乗り切るのもいいですが、ちゃんと治療すると、

先々の故障のリスクは減ります。

当院は打撲で生じた内出血を治療する事が得意です。

傷ついた場所を早く修復するのが専門の治療器があります。

「ソフトバンクや楽天の選手と同じ治療を受けませんか?」

IMG_0175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る