症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 急に腰が痛くなってきた時にやってはいけない3つのこと。

急に腰が痛くなってきた時にやってはいけない3つのこと。

なんか急に腰の痛みが強くなってきた。ぎっくり腰かな・・・?

でも、すぐに病院に行けない場合もありますよね。そんな時、ついついやってしまいがちな自己流の治療や対処法。

その中で間違っている事が多くあります。

 

下手にやると、悪化して動けなくなってしまったり、治療を開始したとしても、思いのほか治療に時間がかかってしまう

事があります。

ここでは、やってはいけない痛みの強い時の腰痛の対処法をお伝えします。

その1 腰を温める

とにかく温めれば治る。と思う方が多い気がします。

急な腰痛は患部に炎症がある状態です。

熱があって、腫れている時に温める事はしないと思います。

初期は冷やす事が大事です。

よく、温めたら良くなったが、冷えたら痛みが戻った。なんていう方がいますが、それは冷えたからではなく、

温めたから悪化したのだと思います。急性は冷やして下さい。

その2 もみほぐして治そうとする

痛い場所をもみほぐしたり、マッサージチェアーで何とかしのごうとする人がいます。

これはダメです。炎症部位にさらに強い刺激を加えたら、自分でとどめをさしているようなものです。

こんな事をしていたら、痛みが治るまでに時間を要してしまいます。

その3 治そうとしてストレッチする

普段からストレッチをする方がこの方法をとりますが、痛みが強い時に腰のストレッチで改善しようとする事があります。

しかし、何度も言いますが、腰の筋肉が傷ついているのをさらに痛めつけてしまいます。

急な痛みを感じた時は、とにかく無理は禁物です。安静がまずは第1です。

 

急な腰の痛みを感じてから病院に行くまでにあなたが出来る事は?

その1 コルセットで腰の負担を軽減する

ぎっくり腰の多くは、普段の疲労の蓄積によって起こるものです。また、加齢による筋肉の低下などが考えられます。

病院にいくまでコルセットや骨盤ベルト、さらしなどで固定しましょう。

しっかり固定する事で痛みが和らぎます。

その2 お酒を控えましょう

ぎっくり腰と飲酒は大いに関係します。炎症部位は細かい出血があります。お酒を飲むと血行が良くなり、

出血を促進します。

また、一時的に痛みが和らぐので、無理をして悪化させてしまう場合もあります。

病院に行くまでは、我慢してお酒は控えるべきです。

その3 長風呂禁止

何度も言いますが、ぎっくり腰は温めてはいけません。

血行が促進され、筋肉の出血が促進されてしまうので、病院に行くまではシャワーでさっと済ませ、その後痛む場所を冷やす

ようにして下さい。

【急な腰痛で病院や治療院、整体に行くときに知っておきたい事】

その1 まずは病院

ぎっくり腰だと思っていたら、内臓疾患や骨折が隠れていた。という事もありえます。

原因が良く分からない急な腰痛はまず整形外科で診察し、骨や内臓に異常はないと診断されれば、

あとはあなた次第。

病院に行くも良し。マッサージに行くも良し。治療院、整体、整骨院、接骨院など、どこでも大丈夫です。

ホームページや口コミを参考にして、きちんと選ぶことが改善の近道です。

その2 いつから痛いのか?どうゆう風に痛むのか?などをまとめておく事。

これはどんな病気でも同じですが、以下のようにまとめておくとご自身も説明がしやすいですし、先生もわかり易い

と思います。

【いつ?何を?どのように?どうした時に?どうなったのか?】

例えば、5日前に中腰作業を2時間ほどした後から急激な痛みが出て、動くことが出来なくなった。

といった感じでまとめておいてください。

 

また、どんな痛みが、どう続いているかも具体的に説明できるといいですね。

刺すような痛み、鈍痛

それがずっと続くのか?立っている時だけ痛むのか?

寝起きが一番痛くて、後は楽になるのか?

それらが問診の時の判断材料になります。

是非参考にして下さい。

2015-06-01 11.10.43

 

ページの先頭へ戻る