症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 肩こりがひどくて、解消方法を知りたいデスクワークのあなたへ・・・

肩こりがひどくて、解消方法を知りたいデスクワークのあなたへ・・・

肩こりがひどいあなたは、筋肉のポンプを動かし血液を巡らせることがおススメです。

デスクワークでじっと動かないから肩こりになるのは、気のせいではありません。

ふくらはぎを中心とする下半身の筋肉のポンプ作用が働かないのが理由です。

 

心臓は血液を送ることはできますが、下半身から重力に逆らって戻ってくる血液を吸い上げる働きはありません。

代わりに下半身の筋肉が伸び縮みすることで、血管を圧迫、開放を繰り返すことで血液の還流を助けます。

座りっぱなしで下半身のポンプ作用がオフの状態だと、血流が悪くなり老廃物や疲労物質の排出と処理が滞り、

疲労が蓄積しやすく、肩こりになり易くなります。

座っている時に時々立ち上がり歩き回るのもいいですが、血流がたまる1番先の足の指・足首をほぐしてから

ふくらはぎを自分で動かしてポンプ作用を促すと効果的です。

血流が改善して、疲れが軽くなり、肩こり解消に効果が期待できます。

①足首ほぐし

左右各時計回りに20回、反時計回り20回

②足指ほぐし

左右各20回、足指を大きく屈伸させる。

③段差、階段を使い、つま先立ち

左右各20回、段差でつま先立ちになり、壁や手すりで倒れないように気を付ける。

かかとを出来るだけ高く引き上げたら、段差よりも低く押し下げる。

toriga1

ページの先頭へ戻る