症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 腰痛椎間板ヘルニアの原因について~三重県四日市市のしんまち鍼灸接骨院

腰痛椎間板ヘルニアの原因について~三重県四日市市のしんまち鍼灸接骨院

四日市・桑名市・いなべ市・三重郡朝日町・川越町・菰野町の腰痛・坐骨神経痛なら

腰痛・坐骨神経痛 専門治療院のしんまち鍼灸接骨院にお任せください。

腰痛椎間板ヘルニアの原因について。

腰痛椎間板ヘルニアはいくつかの原因があります。

力仕事の人ばかりがなる訳ではありません。

「もしかして、ヘルニアじゃないだろうか?」と思っておられる方は、ぜひ読んで下さい。

 

日常生活動作・・・繰り返しのねじる動き。繰り返しの前屈み姿勢。ゴルフ・野球・肉体労働などにより、

椎間板が次第につぶれていくと言われています。

椎間板の老化・・・20歳を過ぎると椎間板は老化していくと言われています。弾力性が無くなり、固くなります。

加齢による骨の老化・・・柔軟性が低下し、椎間板へのストレスが増加します。

姿勢の悪さから来る背骨のゆがみ・・・特に若い方でヘルニアを発症する方。

デスクワークが長い。

運転する仕事。姿勢が悪いくて、猫背の状態になることにより、椎間板を押しつぶしている状態が続くと

ある日突然、特に何をしたわけではないのに、腰が痛くなってきて、足がしびれてきます。

MRI検査をしたら、腰椎椎間板ヘルニアでしたと言われる方は、姿勢の悪さが原因の方が多いです。

腰椎の前ぞりが無くなっている方が多いです。

もし、あなたがよく「姿勢が悪いよ」と言われ、最近、足がしびれる様になってきたなら、

腰痛椎間板ヘルニアの可能性がありますので、病院でMRIなどの画像検査をする事をおススメします。

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方はぜひ、当院までご相談下さい。

 

 

ページの先頭へ戻る