症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 足がつる「こむら返り」と肝臓との関係。

足がつる「こむら返り」と肝臓との関係。

足がよくつる。肩こりがひどい。筋肉が張っている。こんなお悩みをお持ちの方は、肝臓の機能・働きが低下しているかもしれません。

あなたは「肝臓」と聞いて、いくつイメージできますか?

・アルコール

・解毒

・コレステロール

・人体で1番大きい臓器

・糖を蓄える

・体の右側にある。

・沈黙の臓器

・とうふの様な感じ

東洋医学的なものとしては、

・筋肉と関係

・血と関係

・怒、イライラと関係

・目と関係

今、私が思いつくだけでこれだけあります。「実際はもっとあります」

こむら返りをよくする方は、肝臓の働きが落ちている事があります。

ここで注意して頂きたいのは、「肝臓が悪い」とか「肝臓の病気」がある。という事ではありません。

肩がこる。足がつる。筋肉がよく突っ張る。

この様な症状に対してアプローチする際に、筋肉に対してだけではなく、肝臓に対してアプローチを加えると、

症状が緩和するケースがあります。

当院では、筋肉や骨・関節以外にも、内臓に対する施術も行っております。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る