症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 脊柱管狭窄症が改善する整体院 四日市三重郡の方へ

脊柱管狭窄症が改善する整体院 四日市三重郡の方へ

腰痛、坐骨神経痛、足のしびれで整形外科を受診すると、レントゲンやMRIを撮ります。

そして、

老化で腰椎の骨と骨の隙間がなくなってますね~

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアだね~

椎間板がつぶれてるね~

とりあえず、痛み止めと血流を良くする薬を出しときますから、様子を見て下さい。

それでダメなら、注射、腰の牽引など。

まぁ、手術しかないですね~と言われます。

2015-06-01 11.10.43

 

 

 

 

 

 

 

手術しても、痛みやしびれが無くなるかどうかは、やってみないと何とも言えないけど・・・・

後遺症は残りますか?

後遺症が残る方もいますよ。

手術は成功しました!でも痛いです。

そういった患者さんがたまに当院に訪れます。

 

手術をした方が良い場合もあります。

足の感覚がない「しびれ ではなく 麻痺」

排尿・排便障害が出ている場合は手術を考えなければいけません。

 

なぜ、しんまち鍼灸接骨院で脊柱管狭窄症が改善するのか?

それは、私の脊柱管狭窄症に対する考え方が一般とは違うからです。

脊柱管は脊柱「背骨」の中を通っている管です。

事実、脊柱管が狭くなっている事が原因で、

腰痛や足のしびれ、坐骨神経痛が出ているのなら、

腰痛やお尻、足のしびれが日によって、時間帯によって楽な日があったり、酷い日があったりしません。

 

腰を反らすと症状が辛くなるのが、脊柱管狭窄症の特徴です。

立っていると足にしびれと痛みが出てくる方が多いですよね。

だから、整形外科や整骨院・整体院の先生は腰を丸くして歩きなさいとアドバイスします。

自転車に乗る。押し車を押して歩く。とか

 

ココが、私の考えとは違う所です。

反らすと痛いのは、腰を伸ばすのを邪魔している何かがあるからです。その何かは、

ふくらはぎの筋肉、股関節・膝関節が曲がっていたり、

原因は人によって違いますが、腰が伸びやすいように調整する事で、

私は今まで狭窄症の施術をしてきました。

出来れば手術をする前に、脊柱管狭窄症専門整体を受けて欲しいと思います。

当院の施術で脊柱管狭窄症の患者さんが改善していくのには理由があります。

それは、独特の施術法の秘密があります。

非常にソフトな力でゆがんだ背骨を調整。

神経や血管を圧迫している原因筋を緩める。

この原因筋は、非常に体の深部にあるので、

一般的な整体師や柔道整復師は緩める事は出来ません。

 

ページの先頭へ戻る