症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> なぜ私の膝は痛いの?曲がらないの?水がたまるの?

なぜ私の膝は痛いの?曲がらないの?水がたまるの?

しんまち接骨院にお問い合わせ頂く症状で、よくある症状の1つに、

「膝が痛い。曲がらない。歩くと痛い。正座出来ない。」

があります。

中高年の女性に多いお悩みの一つで、中には「もう治らないでしょう?」と諦めている方も多いでしょう。

なぜ?あなたの膝は痛いのでしょうか?曲がらないのでしょうか?

膝が痛い、曲がらない原因は、ご存知の通り、

軟骨のすり減り

じん帯が痛んでいる

要は炎症している。

などが考えられます。

なぜ?膝に炎症が起きるのか?

多くの場合、体の使い方(歩き方・座り方・体のバランス)に問題があります。

 

例えば、股関節や足首が固い人は、その固さを膝でカバーします。

最初は股関節「足の付け根」や足首に違和感や痛みを感じ、股関節や足首が固い状態に慣れてきて、

「痛くない」「治った」と感じます。

でもこれは治ったのではなく、膝が股関節や足首の固さをカバーしている状態ですから、将来的に、膝が痛くなり、

曲がらなくなってしまうのです。

 

膝が痛い原因は、このような事が考えられます。

子供のころから今までにした事のあるケガ・事故「骨格・筋肉」

食生活:糖質の多い食事は筋肉を固くして、炎症を促進します。

内臓の機能低下

よくする姿勢・移動手段

大きくストレスのかかった出来事「神経の伝達を悪くします」

この様な事を見つめなおすことで、あなた自身の膝の痛みの原因を見つけることが出来ます。

 

膝の痛みは足首、股関節はもちろんですが、上半身「首・うで・背中」や内臓の機能低下も、巡り巡って膝に来る事もあります。

「これは関係ない」とご自身で切り捨ててしまうと、回復が遅れますので注意して下さいね。

 

治療する・しないの前に、これは気を付けてくださいね。

甘いもの・酒・油ものを控える事。

これらは膝の炎症を促進します。

甘いもの・お酒を2日に1回にする。とか

揚げ物がどうしても食べたい方は、オメガ6の油ではなく、オメガ9のオイルで作り、揚げたてを食べる。

食事は毎日の事ですから、たったこれだけの事でも差が付きますよ。

 

テレビでみたストレッチ法や、ネットで調べたストレッチ法はNG!

ホントにあなたの膝の痛みに合った方法なのかどうかはわかりません。

うっかりすると、余計にひどくなるかもしれません・・・

 

人の体は機械ではないので、部品を取り換えればOKとはいきません。

その代わり、自己治癒能力というすごい働きを誰でも持っています。

あなたの膝が痛いのは、

何らかの原因で自己治癒能力が妨害されているか、

治っても、治っても追いつかないほど負担がかかり続けているから。

 

この2つは、あなた自身の生活の中にあります。

この動画は、しんまち接骨院の膝の治療法の1つです。

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る