症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 院長ブログ >> 病院・整体・接骨院・整骨院・鍼灸院の違いがわからないあなたへ。

病院・整体・接骨院・整骨院・鍼灸院の違いがわからないあなたへ。

病院や整体、整骨院、接骨院の違いがよくわからないあなたへ、簡単にご説明致します。

①病院:すべて保険が使えます。レントゲンなどの検査が出来ます。診断してくれます。

医師という国家資格者が働いています。

②整体:保険は使えません。画像検査や診断は出来ません。

整体師という民間資格者が働いています。

③整骨院・接骨院:ケガは保険が使えます。「骨折・脱臼・ねんざ・だぼく・にくばなれ」 画像検査や診断は出来ません。

柔道整復師と呼ばれる国家資格者が働いています。

④鍼灸院:保険が使えます。「お医者さんの同意書というものが必要です。」 画像検査や診断は出来ません。

はり師・きゅう師と呼ばれる国家資格者が働いています。

 

保険でやって欲しい。

画像検査して欲しい。

診断して欲しい。

薬欲しい。シップ欲しい。

この様な方は、病院に行く。

整体をして欲しい。

はり治療をして欲しい。

この様な方は、整体院・鍼灸院に行く。

けがをしたので、施術をしてほしい。

整骨院・接骨院に行く。

 

事前にその院の情報や評判が気になるので、ネットで調べる方がほとんどですよね。

気を付けたい事があります。

いつの間にか、治療しない理由ばかり探していませんでしょうか?

整体は無駄。

ハリは効かない。

あそこの病院はヤブ医者

 

あなたが行ってみないと、何もわかりませんよ。

あなたはあなた。人は人。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る