症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 雪かきで転んで手をついた!四日市のしんまち鍼灸接骨院

雪かきで転んで手をついた!四日市のしんまち鍼灸接骨院

四日市は10年に1度の大雪に見舞われました。

四日市の至る所で、皆さん雪かきに追われています。

圧雪されて、路面が凍結し、雪かきをしている時に転んでしりもちをついてしまったり、

転んだ時に手をついてしまい、痛みが強くなってくる方が多くなると思います。

 

万が一転んでしまい、ケガをしてしまった場合は出来るだけ早く、整形外科で検査を受けましょう。

検査を受けた後に、骨折であっても、捻挫であっても、打撲であっても、治療を行った方が早く治せます。

しんまち鍼灸接骨院は、こういったケガの施術を得意としております。

ケガの施術の場合は、健康保険が適応されます。

料金も、1回数百円で済みます。

確かに、安静にしていれば、痛みは引いていく事もあります。

安静に出来る方はほとんどいません。

家事や仕事を休むわけにはいきません。

だから治療をしなければいけません。

治療をしないと、治って行くスピードは遅くなってしまいます。

出来るだけ早く治療を開始し、治しきってしまいましょう。

 

こんにちは、しんまち鍼灸接骨院 院長の

阿比留 幸栄と申します。

皆さんの中には、大雪の影響で、大変な思いをされている方も多いと思います。

家の雪かきなどが一息ついて、ほっとしたら、肩や腰が痛くなってきた。

転んでしりもちをついた。転んで手をついた。

その時はあまり痛くなかったが、一息ついたら痛みが出てきた。

といったケースが多々見られます。

そんな時は、しんまち鍼灸接骨院にお任せください。

 

2015-06-06 14.34.20

 

 

 

 

 

 

 

 

img_0333

 

 

 

 

 

 

 

 

20151027155107

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-05-30 19.49.22

 

ページの先頭へ戻る