症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 腰痛で咳やくしゃみが恐いあなたへ。

腰痛で咳やくしゃみが恐いあなたへ。

こんにちは。四日市平津新町にあるしんまち鍼灸接骨院の院長 阿比留と申します。

腰痛の原因の筋肉をご紹介していきます。

腰方形筋(ようほうけいきん)という筋肉を紹介します。

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

①この筋肉にコリがあると、この様な場所に痛みを出します。

IMG_0573

 

 

 

 

 

 

 

 

3腰

 

 

 

 

 

 

 

 

2腰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・腰方形筋の痛みは、重だるい感じで、動きによっては鋭く刺すような痛みになります。

・階段を上ったり、体をねじったり、反対側に傾ける時に特に痛みが生じます。

・また、前かがみの動きがしにくくなります。

・痛い方を下にして寝ると、体重をかける事が出来ない位の強い痛みが生じます。

・起き上がったり、椅子から立ち上がる時は、非常に痛く、動作そのものを行うことが出来ない。

・背筋を伸ばして立ち座りは出来ないが、四つ這いになって移動する事は出来る。

・咳やくしゃみは、一時的に耐えがたい痛みを生じる。

・太ももの前側に痛み、股関節には重だるい痛みが生じる。

・ふくらはぎのけいれん。下肢と足にしゃく熱感が生じる。

補足

・腰まわりに痛みがあり、高熱や悪寒を伴う場合。

腎臓の感染症の可能性が疑われるので、病院を受診して下さい。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る