症状について

しんまち鍼灸接骨院 >> ブログ >> 症状について >> 腰痛の原因の筋肉その2 【腸腰筋】

腰痛の原因の筋肉その2 【腸腰筋】

こんにちは。四日市市平津新町にあるしんまち鍼灸接骨院 院長の阿比留と申します。

今回は、腰痛の原因の筋肉【腸腰筋】です。

 

腸腰筋(ちょうようきん)とは、こんな筋肉です。

股関節を曲げる作用があり、太ももを体幹に近ずけたり、直立姿勢を保つ役割があります。

2腰

1アメフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸腰筋が引き起こす痛みは、こんな感じです。

3腰

1腰方形筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、この様な症状がありませんか?

・背中、腰部、お尻に痛みがある。

・太ももと鼠径部(あしの付け根)に痛みがある。

・痛みが腰部を斜めに走る様に感じる。

・特に立ち上がる時に痛みがでる。

・椅子に座ったり、背もたれにもたれたりする時に、腰に痛み、違和感をを感じる。

・便秘である。

・横向きで膝を曲げたり、仰向けで膝を曲げる姿勢が楽である。

・体をまっすぐにした状態で立ち上がる、腹筋運動、座った状態から立ち上がるなどの動作が困難である。

 

 

ページの先頭へ戻る