治療の流れ

しんまち鍼灸接骨院 >> 治療の流れ

はり・きゅう

はり・きゅうの適応について。

一般に、はり・きゅうは肩こり・腰痛・神経痛・関節炎ぐらいにしか効果がないように思われている方もみえますが、多くの症状や病気に効果があります。

WHO[世界保健機構]ではり・きゅう治療が効果的であると認めた病気は、以下のようなものがあります。参考になさって下さい。


神経系疾患
神経痛・神経まひ・けいれん・脳卒中の後遺症・自律神経失調症
運動器系疾患
関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・むちうち「頸椎捻挫」後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷【骨折、捻挫、打撲、肉離れ】の後遺症
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧、低血圧症・動機・息切れ
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患
胃腸病「胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘」胆のう炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝・内分泌系疾患
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え症・不妊
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・難聴・耳鳴り・メニエル病・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患
小児神経症【夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠】・小児ぜんそく・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記に挙げた疾患のうち、

神経痛
リウマチ
頸肩腕症候群
頸椎捻挫後遺症
五十肩
腰痛

に関しては、我が国においては、はり・きゅう治療の健康保険の適用が認められています。詳しくは、別のページでご説明いたします。

はり・きゅうはなぜ効くのですか?

はり・きゅうの効果の研究は、各地にある医療機関、 大学、専門学校などで進められています。 おおまかには、はり・きゅうの刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系に作用し、 その結果、中枢性及び反射性の 筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善などの作用があり、 生体の恒常性『病気を自然に回復させる作用』に 働きかけるのではないかと考えられています。 また、古くから認められている鎮痛効果の解明も次のような諸説があります。


ゲートコントロール:はり刺激が脊髄において痛みを抑制する。

エンドルフィン:はり刺激がモルヒネの様な鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。

末梢神経の遮断効果:はり刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する。

ツボへのはり刺激による感覚閾値の上昇による鎮痛効果。

血液循環の改善:筋肉の緊張を緩和し血行状態を改善する。

最近では、NIH(米国国立衛生研究所)の見解として、はり・きゅう治療の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学を補完する代替医療として有効であると発表しました。

保険適応の場合あり : 作業中、スポーツ中の怪我

整体

こんな時はご相談ください。

①全身的に歪んだ体を
治したい。
②強い張りやコリ・痛み等を
取りたい。
③自分自身の不良姿勢や
何が問題なのかを知りたい。

脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具で行います。

保険適応の場合あり : 作業中、スポーツ中の怪我


スポーツ治療 ※保険治療

一度の急激な外力により発生する怪我の事を言います。

例として足関節捻挫・ふくらはぎ肉離れ・大腿部の打撲などが挙げられます。
スポーツ外傷は突発的に発生するために予防することが難しいと言えます。

是非お気軽にお問い合わせ下さい。


トリガーポイント治療とは?

当院の治療は「手技による治療」「電気治療」「はり・きゅう治療」の3つがありますが、そのどれも「トリガーポイント」に対する施術となっております。

トリガーポイントとは、痛みやしびれなどの症状を引き起こしている筋肉のしこりです。

トリガーポイントが引き起こす症状として大きく以下の4つがあります。
①関連痛:「なんか奥の方が痛い。ドーンとした痛み」が特徴です。
②血管・神経の圧迫:トリガーポイントによって短く、太くなった筋肉が神経を圧迫すれば「しびれ」などの感覚の異常を生じ、血管を圧迫すれば「冷え」が生じます。
③自律神経の影響:現時点で分かっている症状として、「目の充血」「涙の過剰分泌」「持続性の鼻水」「鳥肌」などです。
また、胸の筋肉のトリガーポイントが不整脈の原因となる場合もあります。
④運動障害:トリガーポイントにより筋肉が硬くなることで関節の動きに影響します。


他のところで受けたマッサージとどう違うのか?

当院の治療は、トリガーポイントを圧迫して治療をしていきます。 患者様に与える刺激としては、関連痛(いつも感じる痛み)が圧迫することで再現されれば十分です。
強さの目安は最大が10としたら6~8の強さで圧迫します。

ゴリゴリと筋肉の繊維を壊すようなマッサージは気持ちいい人は気持ちいいと思いますが、大事なことは、痛みの真の原因を治療することだと思います。

一度目の治療から効果を感じて頂けると思います。ぜひ、あなたもこの治療で私と一緒に解決していきましょう。

検査

治療の流れ

問診
01 問診
最初に現在の症状(痛み、痺れ、その他の苦痛)などを問診してその状態、経過を含めて、過去の既往歴又どのような治療を受けたかも伺いカルテを作成していきます。
又、以下の通り色々な状態で拝見させて頂きます
保険適用の有無の確認も問診時させて頂きます。

検査
02 検査
現状の状態を知ることを最も重要になります。
専門の検査のほか、医学知識に基づいた整形学的検査も行います。

カウンセリング
03 カウンセリング
治療期間、治療方法を詳しく説明します。

施術
04 施術
鍼灸、整体治療等、最先端機器を用い、症状にあった方法で施術していきます。

お会計
05 お会計
施術が完了しましたら。お会計で完了です

ページの先頭へ戻る